バーチャルオフィスのサービスの特徴

賃貸オフィス以外に、昨今では時代のニーズに合うレンタルオフィスやシェアオフィス、コワーキングスペースなど、色んな特色のある貸しスペースが増えています。バーチャルオフィスというオフィス形態も人気があるタイプのひとつです。バーチャルオフィス(VirtualOffice)というのは、日本語に翻訳すると、“仮想のオフィス”といった意味があります。どんなオフィスのタイプなのかというと、賃貸オフィスやレンタルオフィスなどとは違って、業務スペースを借りることはありませんが、住所貸しや法人登記、郵便受取りなどのサービスを利用できます。

自宅以外の仮想空間をオフィス代わりにできるというシステムです。個人経営で起業される人は、自宅の住所で登記をしたり、開業することを検討することもあるでしょう。しかし、家族がいる自宅の住所を公開したくないといった悩みもあるかも知れません。そんなときにバーチャルオフィスが役に立ちます。

業務スペースを借りずに、バーチャルオフィスの所在地で登記をすることが可能です。郵便物の受け取りに関しても、自宅まで転送してくれるサービスもあるため、わざわざオフィスまで行く必要がありません。ただし、バーチャルオフィスの運営会社によっては、法人登記や郵便物の転送サービスがない場合もありますし、オプション料金がかかることもあります。運送会社のサービス内容や料金は他社とよく比較しながら、どこで契約をするかを考えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です